理学院数学系 数学コース(大学院課程)

セミナー風景の写真
「大学院のセミナー風景」

理学院数学系には代数構造論・代数空間論・幾何学・位相数学・解析学・大域数学の6講座があります. 大学院担当の指導教員とその専門分野は下の表を参考にして下さい. 理学院数学系では,入学後皆さんはそれぞれの分野で, よりいっそう高いレベルの数学を学び,研究することになります. 具体的には,指導教員のもとで専門書,論文等をテキストにしてセミナーを行ない, 高い専門性を修得するとともに, 集中講義や大学院の授業に出席して現代数学に対する知見を広めることになります.

博士前期課程では,通常2年の課程で修士論文を作成して修了しますが, 修士論文では博士前期課程で学び研究した事柄を自分の視点で表現し, 発表することが必要で,この過程でも数学に対する様々な能力をさらに開発・伸長させることが出来ます. 博士後期課程ではさらに高度のレベルの研究を行い, 研究論文の執筆や学会発表など,研究者レベルの活動が求められます. なお,大学院生には,在学中に奨学金 など様々な支援が用意されています.

受験案内

受入可能予定人数: 博士前期課程(修士)24名 博士後期課程8名
入試実施の詳細や最新情報(募集要項やその配布時期)については、入試課によるページ https://www.titech.ac.jp/graduate_school/news/https://www.titech.ac.jp/graduate_school/admissions/guide.htmlを参照してください。

なお、大学院修士課程の過去の入試問題のPDF ファイルは以下からダウンロードできます。 ダウンロードできない場合は数学事務室 (Tel: 03-5734-2205) に問い合わせて下さい。

指導教員及びその研究分野一覧

募集要項のリストに加えて,土岡先生が追加されました。

○印は数理・計算科学系を専任とする併任教員である。

教授 遠藤 久顕 位相幾何学
教授 隠居 良行 偏微分方程式
教授 加藤 文元 代数幾何学, 数論幾何学
教授 田口 雄一郎 数論
教授 利根川 吉廣 偏微分方程式, 幾何学的測度論
教授 内藤 聡 表現論
教授 二宮 祥一 数理ファイナンス, 確率論
教授 本多 宣博 複素幾何、微分幾何
教授 柳田 英二 偏微分方程式, 非線形数学
教授 山田 光太郎 微分幾何学
准教授 小野寺 有紹 偏微分方程式, 自由境界問題
准教授 Kalman Tamas 位相幾何学
准教授 Kelly, Shane 代数幾何学, 数論幾何学
准教授 川平 友規 複素力学系, 複素解析
准教授 鈴木 正俊 解析的整数論
准教授 野坂 武史 位相幾何学
准教授 服部 俊昭 微分幾何学, Lie群
准教授 藤川 英華 複素解析
准教授 馬 昭平 代数幾何学, モジュライ理論
准教授 水本 信一郎 保型関数論
教授 梅原 雅顕 微分幾何学
教授 西畑 伸也 偏微分方程式論,非線形双曲型保存則,流体の方程式
准教授 鈴木 咲衣 結び目理論,量子トポロジー
准教授 三浦 英之 偏微分方程式論
講師 土岡俊介 量子代数, 表現論


さらに詳しく知りたい方

連絡先:
令和元年度副学院長
加藤(本館2階233号室 内線2202)