ここは2017年度第4Q 微分積分学演習 N組の home pageです。

2017年度第4期のN組微分積分学演習は 1月31日(水) を最後に終了しました。 皆様、お疲れ様でした。

3月2日を最後として、 今後、この home pageが更新されることはありません。 また、然るべき時に閉鎖します。

成績を集計し、担当の部局に報告しました。 成績のまとめがここにあります(更新2/19pm4:54)。 是非、ご覧ください。 更に私からの感想を書き加えました(更新3/2pm6:18)。

演習に対する感想を聞かせてくれると嬉しいです。 (これは授業評価アンケートとは別です。) 最後の演習で感想を提出できなかった人は、 染川宛にメールするか、 紙に書いてH311へ持参するか、 H311のドア横のポストに投函してください。 批判的なことを書いて成績が減点されることはありません。 このように工夫するともっと良くなるのではないかと 言うような建設的な意見が望ましいです。 感想を今後の演習に反映させたいと思います。
感想をありがとうございます。成績のまとめの最後に少し感想への返事を書いています。 ご覧ください。

[連絡事項その1]

  1. home pageの最後に連絡事項その2があります。 ここを始めて訪れた人はまず最初に連絡事項その2を見てください。
  2. このHome pageの最終更新を 2018年3月2日(金)pm6:20 に行いました。 今後、更新されることはありません。
  3. 染川は月曜の午後1時から6時の間 は研究室(H311)にいるようにしますので、 質問などあるなら訪ねてください。 確実に会いたいときは事前にメールで確認を取ってください。
  4. 質問・要望等はメールしてくださってもよいです。 (メールアドレスは連絡事項その2をみよ。) 最初にメールするときは 誰が(名前とクラスを記入、学籍番号は不要) 誰に 書いたかを明示してください。 そうでないものには返事しません。
  5. 演習の進め方は この file を見てください。
  6. 参考書を幾つかここに挙げておきます。 過去に1類の学生のために作成したものです。 時間があれば、追加修正したいと考えています。

第8回(2018/1/31) べき級数の項別積分・項別微分、関数の冪級数展開

レポートNo.7の解答(更新2/6pm5:55ver0.9)
採点基準が書かれています(更新2/6)。
事前に準備していた解答です。 更に追加説明を書き加えるかもしれません。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
小テストNo.8の問題(更新1/31)
小テストNo.8の解答(更新2/3pm8:48ver1.0)
採点基準が書かれています(更新2/3)。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
レポートNo.8の問題(更新2/5)
インフルエンザ等の止む得ない事由で演習を欠席したり、 レポート提出できなかったという人のための課題です。 この file の冒頭の指示に従ってレポート提出してください。 〆切は 2月16日(金)正午です。

第7回(2018/1/24) 正項級数の収束判定、べき級数の収束半径、級数の絶対収束、べき級数の項別積分

レポートNo.6の解答(更新2/6pm5:55ver0.9)
採点基準が書かれています(更新2/6)。
事前に準備していた解答です。 更に追加説明を書き加えるかもしれません。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
小テストNo.7の問題(更新1/24)
小テストNo.7の解答(更新1/25pm5:42ver1.0)
採点基準が書かれています(更新1/25)。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
レポートNo.7の問題(更新1/24)
次回(2018/1/31)に扱う2018年1月29日(月)午後6時〆切のレポートの課題です。
今回は追加プリントはありません。今までの追加プリントを参照してください。
レポート提出のルールを変更します。 ダイア有とダイヤ無に分けずにまとめて、それにレポート表紙をつけて提出してください。
レポートNo.7へのヒント(更新1/26pm4:11ver1.0)

第6回(2018/1/17) 関数の極限の定義、εーδ論法、連続関数

レポートNo.5の解答(更新2/6pm11:01ver0.9)
採点基準が書かれています(更新2/6)。
事前に準備していた解答です。 更に追加説明を書き加えるかもしれません。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
小テストNo.6の問題(更新1/17)
小テストNo.6の解答(更新1/20pm7:54ver1.0)
採点基準が書かれています(更新1/11)。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
レポートNo.6の問題(更新1/17)
次回(2018/1/24)に扱う2018年1月22日(月)午後6時〆切のレポートの課題です。
レポート提出のルールを変更します。 ダイア有とダイヤ無に分けずにまとめて、それにレポート表紙をつけて提出してください。
レポートNo.6への追加プリント(更新1/17)
正項級数、べき級数についてのまとめです。
レポートNo.6へのヒント(更新1/19pm5:37ver1.0)

第5回(2018/1/10) 数列の極限の定義、εーN論法、上限・下限、有界単調数列

レポートNo.4の解答(更新1/11pm7:31ver0.9)
採点基準が書かれています(更新1/11)。
事前に準備していた解答です。 更に追加説明を書き加えるかもしれません。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
小テストNo.5の問題(更新1/10)
小テストNo.5の解答(更新1/11pm7:31ver1.0)
採点基準が書かれています(更新1/11)。
A22は一般の n では難しすぎたようですね。 n=1 とするとよかったです。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
レポートNo.5の問題(更新1/10)
次回(2018/1/17)に扱う2018年1月15日(月)午後6時〆切のレポートの課題です。
レポート提出のルールを変更します。 ダイア有とダイヤ無に分けずにまとめて、それにレポート表紙をつけて提出してください。
レポートNo.5への追加プリント(更新1/10)
関数の極限、εーδ論法の例題があります。
レポートNo.5へのヒント(更新1/12pm1:08ver1.0)

第4回(2017/12/20) テーラーの定理、テーラー展開

レポートNo.3の解答(更新12/23pm6:14ver0.9)
採点基準を書き加えました(更新12/23)。
事前に準備していた解答です。 更に追加説明を書き加えるかもしれません。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
小テストNo.4の問題(更新12/20)
小テストNo.4の解答(更新12/22pm3:05ver1.0)
採点基準を書き加えました(更新12/22)。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
レポートNo.4の問題(更新12/20)
次回(2018/1/10)に扱う2018年1月8日(月)午後6時〆切のレポートの課題です。
レポート提出のルールを変更します。 ダイア有とダイヤ無に分けずにまとめて、それにレポート表紙をつけて提出してください。
レポートNo.4への追加プリント(更新12/20)
実数の公理、数列の極限、関数の極限、εーN論法、εーδ論法についてのまとめです。
レポートNo.4へのヒント(更新12/25pm2:00ver1.0)

第3回(2017/12/13) テーラーの定理、テーラー展開

レポートNo.2の解答(更新12/18pm3:35ver0.9)
採点基準を書き加えました(更新12/18)。
事前に準備していた解答です。 更に追加説明を書き加えるかもしれません。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
小テストNo.3の問題(更新12/13)
小テストNo.3の解答(更新12/15pm6:54ver1.0)
正式の採点基準を書き加えました(更新12/15)。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
レポートNo.3の問題(更新12/13)
次回(12/20)に扱う12月18日(月)午後6時〆切のレポートの課題です。
次回からレポート提出のルールを変更します。 ダイア有とダイヤ無に分けずにまとめて、それにレポート表紙をつけて提出してください。
レポートNo.3への追加プリント(更新12/13)
2変数関数の極値問題についてのまとめです。
レポートNo.3へのヒント(更新12/14pm6:51ver1.0)

第2回(2017/12/6) 平均値の定理、微分可能性、ロピタルの定理、前期の復習

レポートNo.1の解答(更新12/18pm3:35ver0.9)
採点基準を書き加えました(更新12/18)。
事前に準備していた解答です。 更に追加説明を書き加えるかもしれません。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
小テストNo.2の問題(更新12/6)
小テストNo.2の解答(更新12/8pm2:03ver1.0)
正式の採点基準が書かれています。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
レポートNo.2の問題(更新12/6)
次回(12/13)に扱う12月11日(月)午後6時〆切のレポートの課題です。
レポートNo.2への追加プリント(更新12/6)
レポートNo.2へのヒント(更新12/7pm5:35ver1.0)

第1回(2017/11/29) 演習の進め方の説明、前期の微積のまとめ的な解説、前期の微積の復習の小テスト

演習の進め方(更新11/29)
タイムスタンプは November 27,2017,19:01 が最新です。
演習の進め方が書かれています。 状況をみて今後修正する可能性もあります。
配布プリントとは、文章を「ですます」にそろえただけの違いです。
小テストNo.1の問題(更新11/29)
小テストNo.1の解答(更新11/30pm4:30ver1.0)
採点基準が書かれています。 A1で、逆三角関数を含む基本的な関数の導関数を間違っている人が非常に多い。 猛省してください。 A2では、ヤコビアンの計算ミス、つけ忘れが多いでした。 前期の復習を行って下さい。
アクセスするとき、IDとpasswordを入力してください。
レポートNo.1の問題(更新11/29)
次回(12/6)に扱う12月4日(月)午後6時〆切のレポートの課題です。
レポートNo.1への追加プリント(更新11/29)
前半は平均値の定理、ロピタルの定理のまとめ、 後半は前期の微積から重積分のまとめです。
更なる追加プリント(更新11/29)
論理と写像についてのまとめです。 写像については演習で扱う予定はありません。 論理については時間があれば、演習で扱いたいと思っています。
レポートNo.1へのヒント(更新11/30am11:18ver1.0)

[連絡事項その2]

  1. home pageの最初に連絡事項その1があります。
  2. 演習は、水曜3・4限に講義室W241(西2号館4階)で行われます。
  3. 演習は次の3名で行われます。メールアドレスは全角を半角に変換してください。
    担当
    染川睦郎
    Mutsuro Somekawa
    職名 :助教 (理学院数学系)
    研究室:本館311
    メール:somekawa@math.titech.ac.jp
    内線 :3390
    TA
    河野隆史(数学系修士課程2年)
    峰正博(数学系修士課程2年)
    染川の研究室は助教の2人部屋です。 訪問のときは、他の先生の迷惑とならないようにご配慮をお願いします。
  4. 数学相談室が開かれています。利用してください。詳細は次のHome pageを見てください。
       http://www.math.titech.ac.jp/~jimu/Syllabus/H29(2017)/questiontime.html
  5. 採点に疑義があるときは早目に申し出てください。
  6. 欠席や採点ミスの修正などのために採点済みのレポートを未だ受け取っていない人は 本館311まで取りに来てください。
  7. 初回(11/29)の演習に出席できなかった人は本館311の染川を訪ねてください。
  8. レポート提出先についてです。 本館311に染川がいるなら、直接渡してください。 そうでないときは、ドア右横のポストに投函してください。
  9. home page 上の file の中には ID と password を必要とするものがあります(特に解答の fileがそう)。 それについては染川に問い合わせてください。
  10. レポートの解答とヒントおよび小テストの解答の fileには 作成日時(TeXが自動生成)と version情報(染川が記入)を書き入れています。 versionが 1.0未満は暫定版、1.0以上は正式版と思ってください。
  11. 各人の成績のデータなどをバーコードを使って管理します。協力をお願いします。 バーコードのシートのない人または棄損・紛失した人は申し出てください。
  12. バーコードのシートは演習の授業でも小テストなどに使用しますので、 毎回持ってくるようにしてください。
  13. レポートを提出するときはレポート表紙だけでなく、 レポート自身にも名前と学籍番号を記入してください。
  14. 更新日付のないものはファイルをuploadしていません。公開予定というだけです。
  15. home pageのリンクが時々おかしくなるようです。 そのようなときは、home pageの「再読み込み」を行ってください。