講義名 解析学特論第五Special Lectures on Analysis V
開講学期 前学期 単位数 2--0--0
担当 高信 敏  非常勤講師(金沢大学大学院自然科学研究科 教授)


【講義の目的】
 Rough path analysis とは一体どんな解析であるのか.
 
そして,これが如何に確率解析と関係しているのか,について解説する.


【講義計画】
次のような項目について話す予定である:
      (a)  Geometric rough path
      (b)  Rough path
に沿っての積分
      (c) 
常微分方程式の初期値問題
      (d)  Dyadic polygonal approximation
      (e) 
確率微分方程式は常微分方程式?!
 
なお,これはあくまで予定であり講演内容が若干変わる可能性あり.



【教科書・参考書等】
 
Rough path analysis 入門  -- 基礎的部分の詳解 (1.15)

    http://www.math.kyoto-u.ac.jp/probability/sympo/PSS04RoughPath2.pdf

  
があります.



【関連科目・履修の条件等】
 講義の後半(講義計画の(d), (e))では,確率解析の知識があると
 
理解の助けになると思います.


【成績評価】
レポートと出席状況


【担当教官から一言】
当講義の話題について,昨年(2004)の確率論サマースクールで講演しまし
た.今回は,そのときよりも少しは上手に喋りたいと思います.